スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢エビ

  07, 2018 19:21
新島で伊勢エビの密漁をしていた釣り人が逮捕されたと言うニュースがありました。

ebda4986b246e7b35273747c1c1d50f8_s.jpg 

新島の伊勢エビは、一時、数を減らしていたので、数年にわたって禁漁にしていたそうです。
最近になって、ようやく数が回復してきたので、漁を再開したそうなのですが、そんな矢先の出来事だけに、漁業関係者の怒りも大きいと思います。

伊勢エビだけでなく、魚介類には漁業権が設定されています。
この権利は、漁業を生業とする人を保護するための規則です。
それを破って、勝手に採ることは、法律違反になるのです。

もう少しすると、潮干狩りのシーズンになりますが、潮干狩りの対象であるアサリも漁業権が設定されています。
有料の潮干狩り場は、漁師さんが有料で漁業権を譲渡してくれているのです。
ですから、潮干狩りが許可されている場所以外で、勝手にアサリを取ると違反になります。

川釣りの場合、入漁券を購入することで、漁業権を意識することができます。
しかし、海釣りの場合、それがない分、漁業権について意識が及ばないのではないでしょうか。

漁業権が設定されている物については、釣れてしまったと言う言い訳は通用しません。
密漁が増えてしまうと、最悪、釣りの禁止などの措置がなされてしまいます。

私も夜釣りをしていて、密漁団に遭遇したことがあります。
1人で声をあげるのは、大変に危険です。
ですから、せめて警察に通報するなどの行動が取れればイイのかなと思いました。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。