スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カサゴに注意

  11, 2018 18:54
メバリングの外道、ライトロックフィッシュゲームでは主役のカサゴですが、その背ビレには毒があります。

IMG_1114.jpg 

最近は、人気のカサゴですから、よくバス持ちをして写真を撮っている姿と見かけます。
しかし、その背ビレには、微量の毒があるため、注意が必要です。
私は、意外にビビりなので、カサゴのバス持ちは、なかなか怖くてできません。

以前、父親とエサ釣りをしている時のこと。
父親が10cmに満たない、小さなカサゴを釣りました。
基本的に、魚はタオルで包むと言っていた父親ですが、その小ささに油断したのか、素手で針を外し始めました。
その時、背ビレが指先に刺さりました。
その後、父親の指は大きく腫れあがり、激痛に悩まされていました。

アイゴにも注意が必要です。
アイゴの場合は、死んだ後でも毒が強烈です。
アイゴを釣って帰った後、死んだアイゴを捌く時に、母親の指にトゲが刺さりました。
母親は、その後、数日、高熱に悩まされました。

ハオコゼの毒も強烈です。
これも、父親の話ですが、ハオコゼに刺された夜は、夜に嘔吐しました。

カサゴの毒は、微量なので、アイゴやハオコゼほどヒドイ症状にはならないようです。
タンパク質系の毒なので、熱湯をかけるなどの応急処置で、症状を抑えることができます。

カサゴをバス持ちする時には、注意してください。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。