FC2ブログ

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下関の釣り事情

  05, 2018 18:36
今回の下関帰省では、色々と下関の釣り事情を知ることができました。

写真 2018-01-24 15 33 32-iloveimg-resized (1) 

偶然、立ち寄った下関の釣具店では、ライトゲーム用の品ぞろえの豊富さに驚きました。
九州をはじめ瀬戸内方面にある中小メーカーの製品が幅広く取り揃えられていました。
まだ横浜で見かけたことがないルアーも沢山ありました。

その釣具店の店員さんも言っていましたが、ここ最近の下関の釣り事情は非常に厳しい状況のようです。
釣り場で出会った年配アングラーの方々も、口を揃えて「5年くらい前から魚が減った」と言っていました。

理由は、色々とあるでしょう。
その中でも、急速に進む沿岸開発の影響があるのではないでしょうか。
古くは、下関市内の唐戸市場近辺の再開発に始まり、今では少し山陰の方に進んだ場所に出島状の港の開発が行われています。
その影響は、魚の生態系に大きな影響を与えているのではないでしょうか。

真新しい護岸には、海藻が少なく、魚が産卵する場所がありません。
小魚が身を隠す場所もありません。
魚が減るには十分すぎる理由でしょう。
下関市内のアングラーは、九州に遠征するか山陰の方へ釣りに行っているようです。

しかし、関門のパフォーマンスは、まだまだ捨てたものでもありません。
去年は80cmオーバーのヒラメが上がったと言う話を聞きました。
市内ではないですが、アジも38cmが釣れたと聞きます。

一時期に比べると、魚は減っているかもしれませんが、関門の海のパフォーマンスは、まだまだ死んでいません。
何年か後には、きっと復活してくれると信じています。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。