スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリアトラウト

  17, 2018 19:16
以前、エリアトラウトにハマっている時期がありました。

bd00e6880643a130600d1b27202c3164_s.jpg 

まだ今ほど、アチコチにエリアがある訳ではありませんでした。
当時、通っていたのは、御殿場にある東山湖フィッシングエリアでした。

夜中のうちに車で出発し、朝一番から釣りをして、夕方に帰ると言う感じでした。
エリアフィッシングは、料金がかかるので、マメには行けませんでしたが、それでも月1位のペースで通っていました。

今の時期であれば、朝一番の東山湖は、水面が凍っていて、キャストしたルアーが氷の上を滑っていきました。
またラインを巻きあげていると、ガイドが凍り始めラインが巻けなくなりました。
それほど大変な思いをしてでも、エリアトラウトの最盛期でもあるこの時期を楽しんでいました。

昔は、釣り堀と言えば、延べ竿にエサをつけてフナやコイを釣るのがメインでした。
ですから、ルアー釣りができる釣り堀であるエリアフィッシングは、斬新でした。
簡単に釣れるので、ルアーローテーションを学ぶことができました。

東山湖フィッシングエリア以外にも、Fish On王禅寺や白河フォレストスプリングス、朝霞ガーデンなどにも行きました。
しかし、どのエリアも東山湖フィッシングエリアのようにポンドが広くないので、フルキャストできないストレスがありました。

白河フォレストスプリングスでは、大会に出ることができました。
多くの人が押し寄せていて、朝一番から釣りをするので、アッと言う間にトラウトがスレてしまいました。
そのため、朝一番でキャッチできた人だけが入賞すると言う大会となりました。

寒い時期になると、エリアフィッシングが恋しくなります。
またいつの日か、東山湖フィッシングエリアに行って大物を狙いたいです。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。