漁業権の話

  27, 2017 19:34
夏が来れば思い出すではありませんが、夏が来るとオクトパッシングへの気持ちがウズウズと湧き上がってきます。

7a0becbb9a4d44f0ec57918ddca4bac8_s.jpg 

夏は魅力的なターゲットがいないと言うことで、目をつけたのがオクトパッシングです。
去年は1匹もキャッチできませんでしたから、今年こそはの思いは強いです。

オクトパッシングをする場合、気をつけないといけないのが、漁業権です。
神奈川県内では、ほぼ全域でオクトパッシングが禁止されています。
例外的に、漁業権が放棄されているのが、江ノ島の湘南大堤防、三崎漁港、城ケ島の堤防側、そして大磯港です。
それ以外の場所は、オクトパッシングは禁止なので、釣りをすると密漁と言うことで罰せられます。
要注意です。

漁業権の問題は、オクトパッシングに限らず、川釣りの場合にも問題になります。
釣りに詳しい人にとっては、常識でも、素人の人には身に覚えのない話なのです。
もう少し、解りやすい場所などに告知してくれれば、トラブルは減ると思います。
釣り人がトラブルを起こすと、釣り禁止に直結します。
トラブルと防ぐ意味でも、明示してもらえればありがたいです。

さて、オクトパッシングですが、大磯港で狙ってみますか。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

What's New