下関 is wonder land

  18, 2017 19:23
18歳までを過ごした下関は、とても不思議な所でした。

7a0becbb9a4d44f0ec57918ddca4bac8_s.jpg 

幼稚園の帰りのこと。
道路を横断しているタコを見たことがあります。
タコが歩いてきた方向を見ると、魚屋さんがありました。
恐らく、そこから逃げてきたのでしょう。
タコが進んで行く先は、排水溝がありました。
恐らく、そこに逃げ込んで、最終的には海に帰って行ったのではないかと思います。
通りかかった車の運転手さんは、さぞ驚いたことと思います。

小学校低学年の頃。
友達と田中川と言う川でカニを取って遊んでいました。
川と言っても水深はなく、生活排水を海に流す汚い川でした。
友達の家の近くに、川に下りる階段があったので、格好の遊び場になっていました。
ある日、いつものようにカニを取りに川に下りると、対岸の土管の中にタカアシガニがいました。
当時は、タカアシガニ何て知らかなっかたので、友達と2人、カニの親分が仕返しに来たと思いました。
それからしばらくは、川に行かなかった記憶があります。

下関は、海に囲まれた街なので、新鮮な魚介類に恵まれています。
そのおかげで、色々な体験をすることができました。
岸壁から垂らしただけで40cmオーバーのクロダイが釣れたこともあります。
漁師さんが水揚げする場所の近くだったので、水揚げの際に逃げたのではないかと思います。

今は、下関も随分と印象が変わりました。
昔ながらの商店も、次々に姿を消しています。
もう、道路をタコが歩くようなことはないのでしょう。
ちょっと、寂しい気がします。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

What's New