ピュアポイント

  11, 2017 19:11
首都圏近郊では、どこの釣り場に行っても人が多く、なかなかピュアな釣り場に巡り合えません。

IMG_0875.jpg 

特に陸っぱりでは、海水、淡水に限らず、人が多い印象です。
恐らく、SNSでの情報拡散などが関係しているのではないかと思います。

ゲームフィッシングの場合、キャッチ&リリースが原則です。
釣った魚は、基本的に逃がすことになるのですが、これが魚をスレさせる一因になっているのではないでしょうか。
痛い思いをして釣られた魚は、学習して次第にルアーに反応しなくなる、これがスレることにつながっているのです。

かつてのバスフィッシングの流行から、近年のメバリングやアジングの流行、シーバスゲームの流行のように、流行で多くの釣り人が釣り場に訪れると、アッと言う間にスレてしまいます。
エギングの場合は、キャッチ&イートが多かったため、スレると言うよりはイカの減少と言う状況になってしまいました。

ルアーに反応が良い、ピュアな釣り場を探そうと思ったら、ネットの情報ではダメです。
自分で地図とにらめっこをして探す必要があります。
それでも、首都圏近郊では、なかなか見つからないと思います。
郊外の方へ遠征すれば、まだピュアなポイントが残っているのではないかと思うのですが、なかなか大変です。

後は、ボートで出たり、沖提に渡ったりすれば、まだピュアなポイントで釣りができるようですが、コストがかかってしまいます。
どうすればいいのか、悩ましいところです。

例えば、誰もやっていない釣りをするとか、工夫をすれば、まだまだ楽しめるような気がします。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

What's New