4月16日の釣行の反省

  17, 2017 21:09
4月16日の釣行は、2週間ぶりの浦賀港となりました。
風が弱いとの予報でしたが、予報に反し風が強く、釣りにくい状況でした。

IMG_0841.jpg 

そんな中、目標としていた20cmオーバーのメバルを早々にキャッチすることができました。
しかし、その後は、クルクルと変わる風向きに翻弄され、バイトを逃すこと数回。
何とか1匹を追加したものの、釣果的には不満の残る内容でした。

本当であれば、ワームの釣りを展開しようと思っていたのですが、予想外に強い風のためプラグの釣りに変更しました。
シーズン的に、そろそろプラグへの反応も鈍くなりがちですが、やはり2月や3月に比べると鈍いものでした。

20cmのメバルも、最初はゴミが引っ掛かったと思うほど引きがなく、物足りなさだけが残りました。

明るい時間帯には、キャロライナリグでカサゴを広範囲に探してみましたが、アタリすらない状態。
やはりカサゴの魚影は薄いようです。
知り合いが、野島の沖提にあがったそうですが、カサゴが入れ食いだったようで、何とも羨ましい限りです。

シーバス狙いのルアーマンも何人かいましたが、シブい状況でした。
どうやら年末に比べると、シーバスのサイズが小さいようです。

イカ釣りは、そろそろスミイカのシーズンが終わる頃ですが、まだボツボツと釣れていました。
タコを釣った人もいました。

そろそろプラグメバルのシーズンも終わりなのかもしれません…
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

What's New